西都からの現場便り 梅雨🌂の6月 【河底横過トンネル工事】

最近梅雨に入り、雨が多い中の仕事お疲れ様です。
ムシムシした気候がずっと続き、監理技術者 Yさん 担当技術 Y はいつもゼエゼエ言いながら現場にいます( *´艸`)
 
現在は立坑底盤の地盤改良・坑口部の薬液注入を行っております( ^)o(^ )
地盤改良は高圧噴射攪拌工といって地中でエアー、セメントを圧によって攪拌する工事です。
 
【攪拌状況】

攪拌を行うとエアーリフト現象によってセメントが地上に出てくるので、
それをバキュームで吸い取ります。

現段階ではこのような工種を行っています!!
地盤改良は盤膨れ対策があります(‘ω’)
 
そして今回、掘削高が10m以上あることから、建設工事届の書類を作成しました。
立坑内の掘削なので、土留め・酸素欠乏・硫化水素の事を記載しないといけなくて、
何も経験したことない自分は作成するのにとても苦戦しました。
ですが、このような経験が絶対に大事だと思いました。

 
合格の判子が貰えた時は本当に嬉しかったです。

 
立坑内の工事は危険が常にありますので、残りの工事も安全に注意して作業していきたいと思います。
 
P.S.
監理技術者 Y氏は、自分がこの現場にきて5ヵ月程経過しようとしていますが、自分が見ただけで、もう3回はぎっくり腰になっています。
その都度いつも介護してあげています(^_-)-☆
最近は現場職ではなく、介護職になりつつあります。。。
 
S部長が現場に来るたびに、Y氏の後ろ姿を見ながら「🐷ハムみたいだな・・」と聞こえないように呟いておられます(^^)。
※後日談 普通ならハラスメント的発言だが、「俺とYには25年間築き上げた信頼関係?がある」と言っていました。(聞こえないように言っただろ(^^) )
ブログに掲載すると言ったら、意外と本人もその気でした(;´∀`)

また、現場が進んだら現況報告を致します!!
閲覧ありがとうございました( *´艸`)
 
土木部 Y

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲ページトップへ