初めての現場代理人

4月から、「現場代理人」として初めて担当した現場の完成検査が無事終わりました。
最初は不安なことばかりでしたが、面白くて優しい上司のSさんと、ベテランの下請けさんのお陰で
事故もなく安全に工事を終えることができました!
 
こちらはドキドキしながら受けた検査の様子です(*_*;

 
今回の現場は「トンネル補修工事」で、新たに構造物を造る現場では無かったですが、
普段から安心してトンネルや橋を通れるのは、裏でメンテナンスを行ってくれている
下請けさん達のお陰なのだなと思うと「補修工事」も大切な工事なんだと痛感しました。
また、「地図に残る仕事」にも繋がっているんだと感じた現場でした!
 
一部ですが工事の状況をお見せしますね☆

この作業は「ひび割れ注入工」といい、トンネル壁面に発生した”ひび”にシリンダーを使用して
注入材を注入します。雨水などの侵入を防ぎ耐久性を高める効果があります。
一つずつシリンダーを取付けていきますが、数が多すぎて少し鳥肌が立ちました💦

検査終了後に、サポートして下さった上司のSさんと下請けさんで記念写真を撮りました(〃艸〃)
この写真は家宝にします(笑)

 
今年は、ありがたいことに新入社員が二名入社してくれたのですが、
正直周りの環境の変化と自身の気持ちが付いていけてない状態でのスタートでした……
ですが今回の現場を通して、すこーーーしだけレベルアップ出来た気がします。
これからも、初心を忘れず沢山レベルアップ出来るように頑張りたいです(#^.^#)
 
P.S.
検査終了後に、お手伝いに来ていただいた上司の方々と、近くのお店に寄ってアイスを食べました♪
(食べかけの写真で、すみません……)
ほっとしたこともあり、余計においしく感じました(^^)/
ごちそうさまでした(^^♪

 
土木部 H

23+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲ページトップへ