アダプト活動(ボランティア)

「アダプト活動」を松山川にて7月2日~7日に行いました。
「アダプト活動」とは弊社が行っているボランティアの1つですが、
この「アダプト」とはどういった意味なのか以前から気になっていました。
昨年までこの活動の準備を担当していた方から引き継いだ資料を見ると、
次のようなことが書かれてありました。
「アダプト(adopt)」とは、「○○を養子にする」という意味であり、
河川の堤防や道路などの公共土木施設を養子に見立て、
地域団体や民間企業が愛情をもって清掃活動を行う」ことだそうです。
このような活動を続けることで、いつかホタルなどを見られる美しい川になるといいですね。
 
                    【作業状況】
           
 
         【着手前】                   【完了】

 
作業を行っている期間中、各地で記録的な豪雨が続き、
河川の堤防決壊による洪水や土砂崩れ等の災害が各地で発生しました。
私たちが住んでいる延岡では幸いにも災害は起きませんでしたが、
いつ起こりうるか分かりません。
4年前に娘が熊本地震を体験し我が家でも防災対策をしていましたが、
改めてこのタイミングで見直そうと思いました。
 
土木部 K

18+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲ページトップへ